インプラントについて

治療する歯科医と患者

インプラントとは、なくなった歯のかわりにあごに埋め込む歯のことです。人口の歯根を骨に埋め込んで、その上に天然の歯のように見える自然な人口歯をかぶせるという仕組みになっています。 インプラントはまわりの健康な歯を削る必要がなく、見た目がいいのがインプラント特徴です。また、違和感が少なく自分の歯と同じような感覚で食べることが可能です。 しかし、手術が必要であり、治療期間が約3か月〜1年という長い期間です。治療後も定期検診があるので、しっかりとできない人にはおすすめできません。価格も1本15〜50万円と、お高くなっています。 インプラントに興味をもった方はまず、メリットとデメリットを理解した上で、歯科医とじっくり相談してからインプラントの治療を受けるかどうか決めることをおすすめします。

インプラントとは、歯を失った部分に金属の支柱を打ち込み、その支柱に人工歯を固定させるという比較的新しい歯の治療方法です。これには刺し歯やブリッジとは違い、歯が全くなくとも取り付けが可能でしかも入れ歯のようにぐらつくこともなくしっかり固定できるという大きなメリットがあります。 しかし、インプラントも万能ではありません。支柱をあごの骨に打ち込むために歯周病などによってあごの骨が弱くなっていると固定は困難ですし、支柱の金属には虫歯菌が付着しやすいのでインプラント治療には定期的なメンテナンスはかかせません。 しかし、高齢者社会の現在において認知症などによって定期的な通院ができなくなり、あるいはあごの骨が弱くなってインプラントの継続が難しくなる方々が多くなることも十分ありうることです。 その対処法として考えだされたのが支柱をねじ式にして必要な時に歯茎から露出している部分を取り外しできるようにする方式です。そうすることでインプラントの継続が不可能となった場合に簡単に入れ歯への切り替えができるようになるのです。