虫歯の治療

いろいろな歯科の設備

歯医者での虫歯治療は昔の場合だと歯を削って虫歯を治す治療が一般的で虫歯を治す際には歯を削るのが当たり前でしたが現在の歯医者での虫歯治療は歯を削らないで出来る限り歯を残す治療が心掛けられています。 昔は歯を削って虫歯を治していく方法しか虫歯を治す方法がありませんでしたが最近では治療費術も進んで歯を削らないで治療することが出来るレーザー治療が取り入れられてきています。レーザー治療は歯を削らないでだけでなく音も静かで痛みもほとんど感じずに虫歯を治すことが出来るので歯医者が怖いという人でも安心して治療を受けることが出来ます。 昔の歯医者での虫歯治療は痛みを感じるのも当たり前でしたし、歯を削って治療するので音もうるさいのが当たり前でしたが現在の歯医者ではこの様に痛みも感じずに音も静かなレーザー治療が取り入れられてきています。

高齢化社会が広がっていくにつれ、歯医者さんもその波に乗っていくことが予測されます。 例えば、高齢者の歯の健康を守るための歯科や、高齢者に対応する治療を行う歯科が増えていくことでしょう。 歯医者はたくさんありますが、この治療ならここ、というような専門性がないと生き残っていけない時代になっています。これからの歯医者が目指すべきは、高齢者歯科に特化したクリニックです。高齢者は食事の際に嚥下が困難になりますが、これは歯医者の管轄でもあります。また、認知症などが出始めた高齢者を歯医者に連れて行き治療を受けさせることは非常に困難です。子どもよりも難しいかもしれません。そのため、歯医者も歯科だけでなく複合的な知識やノウハウが必要になってきます。