進化を続ける医療

口を開く患者

 多くの方にとって初めて歯科に通う理由は、「虫歯治療」ではないでしょうか。この「虫歯治療」が原因で、歯科嫌いになった方も多くいることでしょう。「悪くなった歯を治療してもらう」ために歯科へ通い、痛みを伴う治療を受けているのです。  このような「痛み」を伴うことも多い歯科治療に関して、患者さんからの様々なニーズが生まれました。それと共に歯科医療技術の飛躍的な進歩により、「痛みが少ない・痛みのない」治療が可能になってきました。そしてまた、1人1人に最適な治療が提供できるように、患者さんの意見をも取り入れた治療を行なうようになっています。治療の説明や内容を伝え、患者さんが十分納得した上で、治療を開始する傾向になっています。

 「歯科」に通うのは、歯が悪くなった時にだけ必要になるのではありません。自分の歯を維持するためには、定期的に受診する必要があるのです。  では、特に歯に痛みがないとき等は、いつ歯医者へ行けば良いのでしょうか。「思い立った時」に歯医者を受診すれば良いのです。悪いところがなくても、歯科医で診察を受けることは出来ます。また、これがきっかけで他の口中のトラブルが発見される場合もあります。定期的にチェックを受けることで歯の健康へとつながり、痛みを伴う治療を受ける必要がなくなります。「治療」だけではなく、「予防」のために足を運ぶように心がける必要があるのです。早くからの予防で、歯の健康を維持することができます。定期的に歯科へ通い、自分の歯を保っていきましょう。